肌触りをよくする織り方の種類

サイトマップ

トップバナー

織り方の種類

織り方の種類について

カーペットの織り方の種類についてご紹介します。最初に紹介するのは、平織りのカーペットの織り方についてご紹介します。この平織りとは、経糸(縦糸)と緯糸(横糸)を組み合わせたもので、パイルが存在していないカーペットのことです。そして、平織りのカーペットには、緋毛氈(ひもうせん)、菊水織り、三笠織りといった豊富な織り方があります。次はウィルトンカーペットの織り方を簡単にご紹介します。ウィルトンカーペットは基礎となるパイルを同時に織っていく機会織りのカーペットのことです。18世紀の中ごろに、イギリスのウィルトン地方で作られたのが始まりとなって、それが由来し、今のウィルトンカーペットという名前がつけられました。

様々な種類

ウィルトンカーペットは、2色から5色の色合いを出すことができて柄も豊富で、パイルの密度がとても細かいので、耐久性があってとても優秀です。そして、二重組織りとなっているものをダブルフェイスと呼びます。そして、次にご紹介するのは、タフテッドカーペットについてです。タフテッドカーペットは、タフテッドマシンにより、基本となる布にパイルを差し込むといった刺繍に似た作成方法となっているカーペットを指します。タフテッドカーペットのパイル型式は、ループ、カットが使用されています。そして、タフテッドカーペットの素材で使用される繊維は、ナイロン、ウール、アクリル、ポリエステルが使用されることが多くあります。

豪華で肌触りがとてもしなやか

タフテッドカーペット

タフテッドカーペットは、カーペットの中でも1番多く商品化されているものです。次は、シャギーカーペットについてのご紹介です。シャギーカーペットは、パイルの長さが大体25mm以上のカットタイプとなっていて、少し太めのパイルを粗く打ち込んだ型式のカーペットとなっています。そして、シャギーカーペットは、装飾性がとても優秀で、豪華で肌触りがとてもしなやかで、ピース敷きや、重ね敷き用のラグなどに良く使われていることがあるものとなっています。

ポイントイラスト カットタイプは数種類

カーペットのカットタイプには、シャギーの他に、プラッシュ 、ベロア、サキソニー、ハードツイスト、ヘアーなどの種類があることを覚えておきましょう。次 は段通についてです。これは、人の手によって作成されたハンドメイドの硬貨な1品。1本1本にパイルを 絡ませ、手でカットを行いながら織っていくものです。とても大変な工程ですが、 かなりしなやかで綺麗な物が出来上がるのです。このおかげで、商品を手にとって時にあれほど、素晴らしい手触り等を 演出できるのです。みえない部分にも本当に気を使って作成しているこの職人技は本当に感動もので、そういった 細かい技を感じることができるのもカーペットの楽しみの一つなのです。

カーペットの繊維の基礎的知識