カーペットの繊維の基礎的知識

カーペットの繊維の基礎的知識と特性について

サイトマップ

トップバナー

ウール

カーペットに使用される繊維に豊富な種類がある事を知らない人は多いと思います。なので、ここ でカーペットの繊維について基礎的な部分をふまえながらご紹介いたし ます。まず、カーペットに使われるウールの繊維についてです。 ウールの特性ですが、とても高い保温性があり、吸湿性、空気を浄化する特性もあり、防汚性と難燃性を兼ね 備えています。

このカーペットの繊維に使用されるウールには、燃えにくい特性があり 防災性にも優れている点も挙げられます。そして、このカーペットがもしも燃えてしまった としても、ウールの低発煙性の特性があることもカーペットの繊維の特徴になります。

カーペット拡大

ウールを使用したカーペットは保湿効果が高い

カーペットに使用される繊維のウールに使用されている毛は、どのような 動物の毛が使用されているのかみてみましょう。ウールとは、羊の毛で作成 された自然の繊維です。この繊維を使用したカーペットは保湿効果が非常に高くなっています。

部屋風景

1ヵ月に1度拭いたりまめに掃除機を

そして、カーペットがウールの繊維を使用したものであるのなら、1ヵ月に1度拭 いたり、掃除機を毎日かけなければならないことを基礎的知識として覚えておきましょう。ですが、このカーペットの繊 維は、このような手入れを行うことにより、長い間綺麗な状態で使えるようになり、手入れがなければすぐに汚くなってしまいます。

アクリル

アクリルカーペット

カーペットの繊維で使用されるアクリルについてご紹介します。 アクリルの特性は、強度がとても強いことです。ウー ルなどの素材と比べると、とても強く摩擦やカーペットが家具などで、引っ張られることに対しても耐久性がと ても高くなっています。

アクリルの繊維には、光に耐える力があるという特徴があります。 他の繊維と比べてとても高い光への耐久性があり、優れた繊維となっています。そして、 カーペットの繊維に選ばれる理由に、染色が壊れにくいといった点もあげられます。 とても鮮やかな色を出せるカーペットの繊維なのです。

ポイントイラスト アクリルには、対抗力がとても高い

カーペットの繊維に使われるアクリルは、対抗力がとても高くなっています。 油や、カビ、ムシ、雑菌などの影響を受けにくく、薬品にも耐えられるとても強いカーペットの繊 維となっています。また、耐熱性が比較的低いことなどがあげられます。ナイロ ン、ポリエステルと同じで溶けたり縮まったりするので、その熱を利用し、伸び縮みと形の崩れなどを直すこともあります。

そして、吸湿性がとても低い事があげられます。吸湿性が低いカーペットの繊維となっているので、お子様がジュースなど をこぼされた場合でも、すぐに 拭き取ってしまえば、カーペットにしみこむ可能性が低い事を基礎的知識として知っておきましょう。このような 特性があれば、洗浄した際に も、カーペットの乾きが早いので、嬉しい特性なのではないでしょうか。特にお子様がいる家庭ではよく ジュースをこぼしたりといったことがあり、 カーペットが汚れることが多いので、アクリルの繊維を使ったものを使用された方がよいかもしれませんね。このよ うに繊維を選ぶだけでも日々のお手入れやお掃除が ずいぶん楽になるのです。もちろん楽なものよりも、見栄えを選ぶ、というかたはアクリル繊維以外のものを選んでもかまいません。 自分のニーズによってどのようなカーペット素材にするか、という部分は大きく変わりますので、素材への知識も必要です。

 


https://www.nihontanteishikai.jp/
https://www.revposting-succml.com/corplist/
http://lozelhomme.com/


ナイロン

ナイロンカーペット

カーペットの繊維にはナイロンが多く使用されています。 その理由はカーペットの繊維の中でもっとも耐久性と、摩擦を防ぐ力があると言われている繊 維がナイロンとされているからです。ナイロンを使用したカーペットは 、オフィスやホテルのロビー等、人が多くいる場所で使用されています。

そして、カーペットに使用される繊維がナイロンである事によって、耐久性と摩擦を防ぐ力がとても優秀なナイロンとなっていて、更に工業化に成功した1番最初の合成繊維となっていることを基礎的知識として覚えておきましょう。大きなこのカーペットの繊維の特徴は、引っ張りへの強度が強く、防水性もあるので、強度が衰える事はないことを基礎的知識として覚えておきましょう。

ポイントイラスト ナイロンは頑丈なカーペット

カーペットの繊維に使用されるナイロンには、薬品、油、カビや虫の被害をもっとも受けにくいという特徴があり、曲がりにくく摩擦への強度が高いので、他の繊維と比べてとても優れているので業務用での使用が多くなっています。このように頑丈なカーペットであれば、様々な用途での使用が可能だということですね。

そして、カーペットの繊維のナイロンには、BCFナイロンという種類があります。 BCFナイロンという繊維 は、一本の長い繊維から作成されていて、遊び毛、枝毛を生み出さず、とても清潔な状態を保つことができるので、 お子さんの部屋などにはぴったりのカーペットではないでしょうか。 この基礎的知識があれば、お子様にも安全なカーペット選びができるわけです。ご自身で見分けがつかないのであれば、 店員さんなどに聞いて選ぶとよいでしょう。店員さんもわからないようであれば、そのような店では買わないほうがよいです。 結構あるケースなのですが、やはり詳しい人から買うのが一番です。店員さんが案外適当なことを言って、後で言ってないと 責任逃れするケースもあるのです。もちろん高級ブランドなどになればそういったケースは減りますが、ブランド物でも良し悪しはある程度 自分の知識が必要になります。


https://houritu-mondai.net/
http://k-datsumo.com
http://www.tanteisan.com/


ポリプロピレン

カーペットにポリプロピレンという繊維が使用されています。この繊維の特徴は軽く丈夫で、湿気を取り込みにくい繊維となっていて、汚れの付着を防止するといった点です。繊維にする前の段階で着色を行いカーペットにするので、色あせも気になりにくいです。

ポリプロピレン繊維を作成する際の材料は、石油製作を行う時、多く発生しているプロピレンを使用し、これを溶融紡糸した繊維となっている事を基礎的知識として覚えておきましょう。そして、このポリプロピレンの現在は、夢の繊維、最後の合織と有名になったのですが、親水性がないので、結果的にはあまり有名にならなかったことを基礎的知識として覚えておきましょう。

 ポリプロピレン繊維は、水に浮くと軽く強度がある
ポリプロピレンカーペット

カーペットに使用されるポリプロピレン繊維は、水に浮くと軽くなり、更に 強度があるといった特性があるので、そういった特性を活かすためにカーペットや、産業資材の間に、 大きな強みを出していることを基礎的知識として知っておく必要があるでしょう。これほど丈夫な物であれ ば、産業にもとても役に立ちますよね。実際に産業界において、このカーペットはこの特性に注目され、 重宝されているのです。

ですが、カーペットのこの繊維はメリットだけでなく問題点があるのです。弾力性があまりない事、熱にとても弱い事、さわり心地が悪いといった点もあります。ですが、このような特徴を活かし、ニードルパンチカーペットや、レベルカーペ ットに使用されています。このカーペットは家庭用というより、どちらかというと先の通り、産業用に使われる 使用されるので、カーペット選びの時にこの繊維が入っていないかを確認しておくことも大事になってきます。このような知識をもっているだけでもカーペット選びにかなりの差が でてくるのです。繊維というのは素人は気にしないところではありますが、その一つをとっただけでも後の日常生活に大きな差がでるのです。 ちょっとした手入れなども、繊維が深く関係しますし、それの積み重ねで、値段以上の時間を節約出来たり、 ということもあります。お手入れの時間は思っている以上にかかってしまいますので、必要以上の時間をかけ たくはないですよね。ただカーペットを使っていくほどに味を出したいのであれば日々のお手入れは避けられません。


http://www.hotel-bed.net/
https://www.katou-dent.com/
http://blanc-homme.com


ポリエステル

ポリエステルカーペット

カーペットの繊維にポリエステルがあります。 まず、繊維に使用されるポリエステルはもっとも流行している繊維です。カー ペットなどにも多く使用されているのをご覧になられることがあると思います。この繊維は、化学繊 維のトップといっても良いほどで、シワになりにくく綺麗なカーペットができ上がるのです。

そして、この繊維を使用したカーペットの価格は、比較的リーズナブル なものが多いことも特徴の1つです。また、この繊維は他のカーペットと比較し、無駄毛が殆ど出な い種類となってます。こういった特徴がある繊維なので、さまざまな場所でのカーペットを使用できるのです。 無駄毛があるとお手入れや掃除が大変になるので、家で使用する際にも 使用場所がどうしても限られてきますが、この種類にはその心配はないのです。

 値段は上がらずリーズナブル
ポリエステルカーペット

カーペットの繊維となっているポリエステルは、他の繊維との組み合わせが簡単な種類となっていることを基礎的知識として知っておきましょう。そして、公共施設などに設置してあるカーペットは、殆どがこの種類を使用している事も基礎的知識になります。このようなことから本当に消耗が遅い繊維であることが分かると思います。

そして、最近は繊維の技術が向上され、ポリエステルの繊維であっても、シルクタッチやウール、綿といった素材のよう な手触りが感じられる繊維の物がカーペットにも適応されている事を基礎的知識として知っておきましょう。このような繊維の技 術が上がっていっているのですが、値段は上がらずリーズナブルな物となるので、他の繊維と比較してとても人気が高いカーペットとなっているのです。 ですので、その分、値段競争も激しく、うまくいくと安く、しっかりと高級感のあるこの ようなカーペットを手に入れる事も可能なのです。企業は大変ですが、購入者である私たちからすると、価格が安く、良質なカーペットを手に入れられることは 嬉しいことですよね。ただメーカーによっては価格は安くても粗悪品を取り扱っているところもやはりありますので、選ぶ際は注意しましょう。 初めての方はメーカーでも有名なところにすると間違いがないです。ただし多少値段は高くなりますので、その点に関しては自分の知識不足の値段だと 思うようにしましょう。安物を買ってしまってすぐに使えなくなって再度買うより、始めからよいものを買って おいたほうが得ですよ。直接体に触れるもので、毎日感じる物です。変にケチらないほうがお得なのです。ここでケチってしまって 後から新しいのを買い直し結局高い買い物になってしまうケースもあるのです。安物買いで損する人は多いですが、そうならないように 注意しましょうね。大切なものですので、いつもよりじっくり時間をかけて選定しましょう。何十万~何百万といった価格が 当たり前の世界で偽物も多く騙されてしまう人も多いのがこの業界なのです。

レーヨン

カーペットの繊維にレーヨンがある事を基礎的知識として知っておきましょう。カーペットの繊維で使われるレーヨンと言う素材の特徴は、吸湿性がとても強く、化学繊維の中でもっとも高く、綿よりも優れている事も基礎的知識になります。更に、レーヨンの繊維独特の光沢と、ドレープ性もとても高いので、とても多くの方々に好まれているカーペットの繊維の1つです。

そして熱にとても強い耐熱性も兼ね備えた上に、軟化や溶解を起こさないこともレーヨンの繊維の特徴になるので基礎的知識として知っておきましょう。そして、この素材の問題点ですが、水で縮んでしまい、シワになりやすいという点があげられます。もしもカーペットが汚れてしまい洗浄する際には気をつけなければなりません。

 ウールの繊維に良く似た特性がある
レーヨンカーペット

カーペットの繊維に使用されるレーヨンは、弾力性が高く、とても柔らかく暖かいウールの繊維に良 く似た特性があることを基礎的知識として覚えておきましょう。こういったことからカーペットを購入する際には、 ウールと間違えてレーヨンの繊維を使用したものを買ってしまうこともあるので確認が必要なことも基礎的知識になります。 特にカーペットに関して基礎的知識が少ないのであれば、特に間違いがちになりますので繊維をお店の店員さんなどに しっかり確かめることが大事になってきます。

そして、レーヨンの繊維には、薬に強いという一面もあり、薬品にもとても強い物となっている事も基礎的知識です。 そして、カーペットにはダニなどが発生してしまうことがあると思いますが、この繊維は、防虫性がとても高いものとなっているので、虫の 発生を防ぐことが出来る事を基礎的知識として覚えておきましょう。ここまでに紹介した繊維の特性を活かして、あなた好みのカーペットの購入に、 この基礎的知識が参考にして頂ければ幸いです。カーペットは安い買い物ではありませんので、しっかり自分の生活環境に あったものを選びましょうね。間違って購入してしまうと、一度使用すると返品ができませんので、しっかり納得するまで購入しない ようにすることも必要なのです。ここまでカーペットの繊維に関する基礎的知識をご説明してまいりましたが、ご購入の際の お役にたてれば幸いです。