ラグの違いは使用用途

サイトマップ

トップバナー

ラグの違い

カーペットとラグの異なった点について

カーペットとラグの違いが分かる人は、少ないと思います。カーペットとラグの異なった点についてご紹介いたします。ラグやカーペットはインテリアなどで使用する事が可能ですよね。そして、最近は、ラグを使ったお洒落な部屋作りを演出する人がとても増えてきたような気がします。ですが、あなたは実際にカーペットとラグの異なった点を説明することが可能ですか?カーペットとラグの異なった点についてご紹介いたします。大きな目立つ点のご紹介です。

ラグは部分的に使用されているもの

カーペットは、床にしいて使用するもの全般を指しているのですが、ラグはその中でも、部分的に使用されているものをさしています。大体3畳程度のサイズであるものをラグといっていることが多くあります。ですが、1畳もないような小さいサイズのものは、マットという名称となり、ラグには当てはまりません。それは、カーペットというカテゴリーの中にラグがあるというイメージとなっています。

更に、使用される目的として、カーペットは室温を保温するための物となっていたり、防音効果を期待するために使用されていることが多くあるので、部屋の床一面にしくことが可能なものをさしているのですが、ラグは部屋のインテリアの一部分としての使用がとても多くあり、保湿性と防音性はあまり期待出来ないものとなっています。

使用用途

ラグ

ですが、ラグは柄と模様だけではなく、形も個性的な物が多くあるので、とてもお洒落な部屋を作成することが可能となっているのです。そしてラグの使用方法ですが、好みに合わせて使用するのが1番いいのですが、ラグの使用方法の例は、フローリングのリビングなどにラグをしき、そこにテーブルを置けば、テーブルの周りのみが草原のようになったり、ソファーの前にラグをしくことにより、ソファーに座れなければラグの上に座るという、スペース作りにとても効果的なインテリアの1つとなっているのです。カーペットには、ラグなど様々なものがありますが、一番オススメなのは、タイルカーペットです。1枚ものカーペットを使用しなければ実現出来ないような柄や模様があるのです。

ポイントイラスト 部分的に汚れた際にも取替えが可能

そのような事にこだわりたい人であれば、あまり適さないカーペットかもしれませ んが、部分的に汚れた際にも取替えが可能となっていて、タイルカーペットの組 み方次第で通常と同様のカーペットであるのに、模様を変える事があk脳となっているのです。様々な使用 用途に合わせて使うことが可能です。そして、お洒落な部屋を追求する人にも、とても効果的なアイテ ムとなっているのです。そして、最近は、タイルカーペットを部屋の一部にラグと同様 の使用方法を行う人もいて、アイディアがあればあるほど使用方法は増えていくものとなっているのです。 ただのカーペットと思わずに、ご自身で色々を使い方のアイデアを出してみると楽しいですよ。ネットでしらべたりすると 思ってもみない使い方がみつかります。

カーペットの繊維の基礎的知識