絨毯とカーペットの違いと清潔感を出す方法

サイトマップ

トップバナー

絨毯とカーペットの違い

絨毯とカーペットの違い

絨毯とカーペットの違いが良く分からない人もいると思います。そういった方に向けて少しご紹介をいたします。まず、結論から言わせてもらえば、絨毯とカーペットは同様のものです。その理由は、日本語では絨毯と言いますが、英語では、絨毯をカーペットといっているだけのことです。その英語の意味には毛をむしるといった意味があるのです。そして、日本での絨毯は多少値段が効果な物をいい、カーペットは値段がリーズナブルなものだという認識が基本になっているのです。

絨毯、ラグ、マットという言葉をカーペットを指す際に目にすると思いますが、その呼び名が決められる理由はサイズの違いによるものです。畳み1畳のものをマットといいます。そして、1畳から3条程度の物をラグと呼んでいます。そして畳み3畳程度のものをカーペットと呼んでいるのです。また、イギリスでは、部屋全体に敷き詰める型式になっている物をカーペットとよんでいて 、敷き詰めないものをラグと呼んでいます。そして、アメリカでは、手織りの絨毯をラグと呼び、機会で織った物をカーペットと呼んでいるのです。

分化の違いなどで呼び方が異なる

今ご紹介したように国により、分化の違いなどで呼び方が異なっているので、サイズが違うからといって、絨毯には、これといって決められた呼び名がないのです。ですが、はっきりと異なった点がなく、どれも部屋にしくものには間違いないことは分かりますよね。そして、竹カーペットやい草カーペットといっても、竹絨毯、い草絨毯とは言わないですよね。この竹やい草で作成されたカーペットは、夏にとても適した物となっています。和の風合いを兼ね備え、柔らかい印象を与えてくれるものです。

清潔感

親子

そして、見た目もとても涼しく感じさせてくれて、清潔感も演出してくれるものです。汚れてしまってもふき取りが可能で掃除もとても楽なのです。タイルのカーペットはサイズで調整が可能で資格にカットされている物が多いので、組み合わせが自由な物が多くあります。部屋の中の配線対策のためにカーペットとして開発されたものとなっていて、配線の隙間を作成する事が出来る物なので、使用用途に合わせて使うことが可能です。使用方法も様々であまりスペースのないキッチンや廊下での使用も可能となっています。

ポイントイラスト キッチンで足場が冷たい冬などに助かります

キッチンで足場が冷たい冬などには、このようなカーペットを使用すれば、料理をする主婦の方には、とても嬉しい空間となるのではないでしょうか。そうすれば、料理もより楽しくなりますよね。雰囲気一つ変わるだけで、人間の意識はかわります。カーペットもそんな意識を変える役に立つのです。

カーペットの繊維の基礎的知識