有害物質をカーペットの繊維のい草は取り除きます

サイトマップ

トップバナー

カーペットの繊維のい草

い草の香りはとても強い癒しの効果

カーペットの繊維として使用されるい草の特徴について、ご紹介したいと思います。い草の香りは、とても強い癒しの効果があるのです。い草を繊維として使用したカーペットを部屋にしていると部屋で森林効果が得られるのです。い草のカーペットがある部屋は、家の中なのに森林浴の気分を存分に味わうことが出来るのです。森林浴をしている際に、多くの空気中に含まれるのは、フィトンという物質になるのですが、それのみであれば、部屋に観葉植物を設置するのみでも、法室されるのですが、い草には実際に他にも、とても大切な成分があるのです。

それはバニリンという名前の物質になります。バニリンという物質は、バニラエッセンスの中に含まれている物質になります。このバニリンの成分が、い草からの癒し効果を出している1つの成分で、心の底から落ち着ける空間を作り出してくれるものとなっているのです。そして、い草の構造についてですが、い草は有害な物質を吸着してくれるといった性質を持っているのです。い草の茎の断面図を顕微鏡で観察すると、まるでスポンジのようにふんわりとした構造になっているのですが、この構造は、カーペットを踏んでいるのに、まるで畳みを踏んでいるかのような心地いい弾力を出してくれる正体になっているのです。

い草の構造に秘密が

そして、い草は、二酸化炭素とホルムアルデヒドを吸着する能力がとても高いのです。とある実験で、コップに煙草の煙を放出し、そのコップの中にい草を入れるという実験が行われました。すると煙の匂いはある程度まで消すことが可能だったようです。そして、粉末状にしたい草をウーロン茶や焼酎に入れ、不順物質を取り除いて飲みやすくするという工程が行われていることもあるのです。こういった効果は全て、い草の構造がスポンジ状であることが影響していると思います。

有害な物質

我々の日常生活の中には、とても多くの有害な物質がありますが、い草のカーペットを部屋にしいていれば、取り除いてくれるという性質を持っているのです。そして、国産のい草と中国のい草を比較してみたのですが、中国産のカーペットでい草を使用しているものは、あまり長持ちしないことが分かりました。

ポイントイラスト これからの地球に「い草」が欠かせない
い草

そして、これからの地球には、い草が欠かせない事が分 かりました。い草は、地球にとても優しいエコな素材となっているのです。い草は天然素材100%となっているので 、カーペットを処分しようと思い、ゴミに出し焼却しても、有毒のガスを発生させない、環境にもとても優しい 繊維となっているのです。土の中に埋めると1年半から2年半で、微生物の力を借りて分解されることなども分か っているので、有機肥料としてのリサイクルが可能な繊維となっているのです。 エコブームな現代ではこのような繊維を使っているのことは非常に得点が高いですよね。 多少値段が他のものより高かったとしても、エコ意識の向上が後押しになって、このような繊維に人気があ るもの間違いありません。ブームというより時代の風潮ですので、ますますこの傾向は高まっていくでしょう。 カーペットの繊維をその時代の流れに沿ってどんどん変化していくものと思われます。昔のものが手に入りにくく なるので、今お持ちの物を大切にしましょう。きっと一生の宝物になりますよ。

カーペットの繊維の基礎的知識