カーペットの繊維の麻は不向き

サイトマップ

トップバナー

カーペットの繊維の麻

一番古くから使用されている繊維

カーペットの繊維に使用される麻についてご紹介いたします。麻と呼ばれる繊維は豊富な種類があるのですが、どの種類も植物の幹や茎、葉から採取する事が可能なものばかりです。主流となっているのは、亜麻(リネン)、ちょ麻(ラミー)、大麻(ヘンプ)、黄麻(ジェート)、マニラ麻となっているので覚えておきましょう。ですが、家庭用品品質の行事による麻は、先に述べた亜麻(リネン)や、ちょ麻(ラミー)のみを使用しているのです。麻は人が生きた歴史と共に、一番古くから使用されていた繊維となっているのです。

そして、ヨーロッパでは19世紀まで亜麻(リネン)を使用した下着が主流でした。そして、日本は何を使用していたかと言うと、麻のちょ麻を使用していたようです。そして、麻の特徴についてですが、麻は、とても耐熱性が高く、吸湿性ともに保湿性がとても優れている繊維となっているので、厚い夏でも涼しく快適に過ごすことが可能なのです。そして、ナチュラルなスラブやネップが兼ね備えられているので、独特のおうとつにも対応し、様々な表情を見せる繊維なのです。そして、繊維の中でも、一番シワになってしまうというった一面もあります。

肌が弱い人は刺激に気をつけて

ですが、そのシワをファッションとして利用する事もあるのです。そして、均一に染まりにくいといった点もあります。それは、繊維の部位によって、着色料の吸収性に差が出て来ているせいで、濃淡がとても、強く深い色に染まりやすく、ムラが出てしまったりするのです。そして、生成りは洗濯で白くすることが可能です。麻の生成りは、自然の色となっているので、同様の色を再現することが可能です。そして、洗濯で色褪せていくのです。そして、皮膚障害が起こってしまいやすい素材ともなっています。なので、肌が弱い人は、少しチクチクとした刺激を感じてしまうことがあります。

取り扱い上の注意

そして、水に触れると硬くなるのですが、そののちにアイロンを当てれば、柔らかくなるという性質を持っています。そして、麻の取り扱い上の注意ですが、家庭で漂白する行為は絶対に行ってはいけないことです。そして、水洗いで洗濯する事をオススメします。麻の性質は、汚れを落としやすいことがあげられますが、汗などの汚れは、ドライクリーニングのみでは、落とせないことがあるのです。

ポイントイラスト 汗や汚れを放置してしまうと黄ばみの原因に
リビング風景

そして、汗や汚れを放置してしまうと、黄ばみの原因になるので、注 意が必要になります。どれほど昔から愛用されている繊維だとしても、これほどのデメリットがあるのであれば、 あまりカーペットには不向きかもしれませんね。ですが、見た目のお洒落差から、現在で も人気は耐えない繊維となっているのです。ただ人気がある、ということはそれだけ皆さん持っているということですから、 人と違ったものを選びたい方には不向きかもしれません。まだ初心者で人と違ったものを選びたいのであれば、詳しい方にアドバイスをもらいましょう。

カーペットの繊維の基礎的知識