繊維の綿は選択で縮む

サイトマップ

トップバナー

繊維の綿

合成化学物質の肥料を使用していない綿花も

綿についてのご紹介です。綿は木から出来ています。その木の種類はあおい科の綿属となっています。栽培の期間は年間で1回のみで、熱帯や亜熱帯地方の80ヵ国以上で生産されていて、世界の繊維生産量の40%にまで上り詰めています。生産は、天候の影響がとても関係してくるので、生産量、品質が変わる事が多くあります。綿はとても綺麗な花を咲かせたのちに、実が出来てその実の周りに繊維細胞が成長して成熟したのちに、殻がはじけコットンボールとなるのです。

それを積み取り、種と繊維をわけたのちに紡績と製糸の加工に移るんです。綿の繊維の太さはそれぞれ異なりますが、大体の平均は0.01mmから0.02mmとなっています。長さは大体20mmから40mmだと言われています。綿の断面は中空で、リボン状なので、とても軽く保湿性が高い繊維となっています。1本の繊維は、200回から300回程度自然の力によりよじれるので、糸を紡げばとても強度がまします。近年、アメリカでは合成化学物質を使用しない生産地で、合成化学物質の肥料を使用していない綿花を生産する事に成功しているのです。

綿の特徴は吸湿性の高さ

その綿の特徴は、吸湿性がとても高く、湿気を出す際に気化潜熱を行ってくれるのでとても涼 しく感じます。そして肌触りは極上です。適度な保湿性を兼ね備え、誰もが嫌がる静電気の 発生が少ない繊維となっているので、カーペットを触っていてもバチっとなることが少 ないのです。そして、強度ですが、十分なほどあるので、洗濯と漂白にはとても 適しています。そして、高温のアイロンにも耐えるほど の強度があるのです。更に、洗濯で収縮し、シワになりにくいといった点もあります。

通常のサイズの3/1に

綿のカーペット

カーペットはセットする必要があるものもありますが、この綿であれば、セットの必要はありません。そして、加熱性があるのは、少し注意が必要です。取り扱う際に気をつけなければならないことは、洗濯でちぢんでしまうので、そのカーペットの性質をきちんと確認し、場合によってはドライクリーニングなどに持っていかなければならないという点です。洗濯で縮みすぎてしまうと、通常のサイズの3/1になってしまうこともあるのです。

ポイントイラスト 綿のカーペットの取り扱いには十分な注意を

あなたの好みで購入したお気に入りのカーペットが、そのような不注 意でいつもどおりの使用が出来なくなることは避けて通りたいですね。先に述べた、加熱性に ついてですが、カーペットを煙草で燃やしてしまうこともよくあ ると思います。最近は寝煙草による火事なども多く報告されているので、そう いったことには綿を使用したカーペットを使用しているのであれば、十分に注意し なければなりません。ただこげるだけならいいのですが、万が 一火が出てしまった場合は、万が一では済まなくなるのです。そういっ たことから、この綿のカーペットの取り扱いには、十 分な注意が必要になります。ちいさなお子様がいるような家庭では、このように発火しやすい カーペットは当然避けた方がよい、ということになります。このようなカーペットが原因で出火した、という ケースもまれではないのです。せっかくのカーペットが火事の原因になっては元も子もありません。しっかり 注意しましょう。

カーペットの繊維の基礎的知識