パイル形状は柄が豊富

サイトマップ

トップバナー

パイル形状

デザイン性がとても特化された物

カーペットのパイルの形状による分類の方法についてご紹介いたします。カーペットのパイルの形状の分類方法は、パイルの先端が切られているカットパイルと、パイルの先端がループ状となっているループパイルにわけられます。そして、かっとパイルとループパイルを組み合わせたカットとループパイルが存在します。そして、平織りやフェルト蝶のカーペットに使用される表面に、毛足が存在しないフラットタイプに大きく分けることができます。カットパイルとは、カーペットの表の面に存在してるパイルを切りそろえた状態のものです。デザイン性がとても特化された物となっていて、絶妙な色合いの変化を楽しむ事が出来るものとなっているのです。

断面の質感とソフトなさわり心地

そして、パイル長が25mm以上あるものをシャギーと呼び、パイルの長さ、太さや密度により、ブラッシュ、ベロア、サキソニー、ハードツイスト、ヘアーなどと呼ばれている種類があります。そしてプラッシュについてですが、プラッシュとは、カットパイルの中でも一番一般的なものとなっていて、毛足の表面は5mmから10mmの間で均等に切られているものとなっています。光の加減により表情が変わり、とても綺麗で耐久性はループタイプには負けてしまいますが、断面の質感とソフトなさわり心地はカットパイルにしか出せないでしょう。

そしてサキソニーとは、表面に熱処理を行ったのちに、ウールのようなとても柔らかいへたりにくさを兼ね備えさせたのちに、遊び毛を出てこなくさせる下降を施したカットパイルとなっていて、パイル長が15mm程度のカーペットの事をパイル形状の事をいっています。サキソニーは、とても密度が高いもので、弾力性もとても優秀なのです。

とても柄が豊富

色とりどりのカーペット

そしてループパイルですが、ループパイルとは、パイルを丸くループ上に仕上げた状態のものを言っています。カットパイルと比較し耐久性と歩行性がとても高いカーペットになります。パイルの高さがとてもそろっている物をレベルループというのですが、ローループというものもあります。

ポイントイラスト デザインを強調したものもあり豊富

そしてレベルループについてですが、レベルループは、様々なパイ ルを組み合わせ、絶妙な物を作り出した種類です。でこぼこ感を出したり、柄を出したりと変化がとて も楽しいものです。そしてレベルカットループですが、カットパイルとループパイルを一緒に合わせたものとな っているのです。デザインを強調したものもあるので、とても柄が豊富なのです。そしてハイカットロールー プですが、ハイカットローループはカットパイルを長くし、ハープパイルを短くし たカットループパイルとなっていることを覚えておきましょう。名前が色々あって複雑ですが、 ーペットをしっかり理解して選ぶには必要な知識です。ある程度の額をだして買うカーペットは大きな買い物ですから、 しっかりと選ぶ必要があるのです。

カーペットの繊維の基礎的知識