歴史と用途は奥深い

サイトマップ

トップバナー

歴史

原始時代から存在していた

カーペットの歴史をご存知ですか。カーペットの歴史をさかのぼってみてみると、驚くことに原始時代から存在していたことが分かりました。あなたはカーペットの歴史を考えたことがありますか?どの時期から我々の足物に当たり前のように存在するようになったのでしょうか。ここでは、そういった歴史についてご紹介いたします。まず、敷き物の始まりですが、洞窟や岩陰に住まいを作成し生活していた原始時代の敷物とは、冬の寒さや冷え込み、地面からの湿気を防ぐために敷き物を作成する事を考え、獣の皮や枯れ草といったものを乾かし敷き物として使用していたようです。

暑い地方なら少しひんやりとしたものを

多少なりとも住みやすい工夫を行うのは、人間の本能となっていて、初歩的な生活の知恵だともいえますよね。様々な敷き物が求められる中で、特性は、気候、風土、環境により様々な物が求められ、入手可能な素材も地域差があるでしょう。寒い地方であれば、冬の厳しさを防ぐために、敷き物は暖かいものでなければならず、暑い地方であれば、少しひんやりとして肌触りがいいものを選択するでしょう。

そして、フェルトの敷き物についてですが、時代が進行し、農耕、牧畜が行われるようになると、オリエントや北アジアでは、羊の飼育が盛んになりました。羊の毛を刈り取り川で洗い、手や、くし、弓の弦といった振動でほぐし平らに並べて、うすいアルカリ性の液のかけたのちに、足で踏み圧力と熱を加える事で作成された敷き物が誕生したのです。フェルトの発達は敷き物としての用途のみではなく、くつや防止、住居までもフェルトで作成していた時代のようです。西アジアや北アジアでは、フェルトの敷き物が無地から進化をとげ、毛氈と呼ばれていたのです

色彩豊かな模様

色彩豊かな模様や生地に色糸で刺繍をして模様を描いたりもしていました。こういったことに対し、熱帯地方では、植物の幹、皮、葉といった材料を使用した敷き物を作成していました。そののちに、織り物組織の敷き物が誕生していったのです。このようにここでは2つの歴史についてご紹介しましたが、カーペットに使用される繊維には様々な種類があり、その種類によっていろいろな歴史があるのです。

ポイントイラスト また違った見方も
女性イラスト

このような知識をつけた上で再度カーペットをご覧になると、また違っ た見方が出来るかもしれませんね。実際にカーペットは現代的に進化していったのですが、 その素材本来の持ち味を大切に考えた古来の人類の知恵を知っていれば、これか らの我々の生活にも役に立つのではないでしょうか。 自分の住んでいる環境、状態に合わせてそれに合ったカーペットを選ぶことで、より 快適な生活ができますよね。

カーペットの繊維の基礎的知識