カーペットのカビは空気の入れ替えから問題解決

サイトマップ

トップバナー

カーペットのカビ

肺の病気や呼吸器系の病気になってしまうことも

湿気が増えてくるとカーペットを使用している家では、カビを恐れるでしょう。多少であれば、取り除けば問題ないかもしれませんが、カビの種類によっては病気の原因になってしまうこともあるのです。知らない間に吸い込み肺の病気や、呼吸器系の病気になってしまうこともあります。カビがはえやすいのは、カーペットや家具、お風呂場、洗面所、浴槽、脱衣所のドアなどではないでしょうか。

更に、ペットを飼育しているのであれば、フンの始末をきちんと行わなければ、フンにカビが生えることもあります。カビは高湿多湿を好んで発生します。同時の条件でダニも出てきてしまうのです。なので、カビの対策を行うのは、ダニの防止にも繋がるのです。もっともカーペットは人がくつろぐスペースにしいてあることが多くあり、歩くことにより目に見えない物が空中に飛んでしまっている事もあります。

念入りにカビのチェック!

なので、カーペットは、念入りにカビのチェックをしなければなりません。畳みの上にカーペットを敷いているのであれば、より注意が必要です。表にはなかったとしても裏に生えているという可能性があります。万が一カビを発見したのであれば、カビとり専用の薬剤でふきとらなければなりません。のちに消毒用のアルコールで洗浄してください。こういった事を行うと、雑菌と消毒の硬貨が期待できます。

防カビの処理

畳

畳みの上に敷いてあるのであれば、布や掃除機の使用は控えたほうがいいです。カビの菌を空中に撒き散らしているだけになるからです。畳みのカビを取るのであればトイレットペーパーの使用をオススメします。万が一気になるのであれば、クリーニングに出すと言う手もあります。そして、よっぽど酷いカビでないのであれば、綺麗に戻っていくでしょうし、防カビの処理を行うと効果的です。

ポイントイラスト 掃除を行い空気の入れ替えを

部屋が畳みの和室となっていて、畳みの上に大きなカーペットを敷いている家庭は多くある ようです。そして、空気清浄機を回していても、湿気がとても増える梅雨時期はとても苦悩する期間となっ ているのではないでしょうか。湿気がとても増えると、カビが生えるのは時 間の問題になるのです。畳みの上にカーペットを敷いている場合、カーペットと畳みの間 に、湿気を防ぐシートをしいてみると効果的かもしれません。和室が1 階にあり、そこにカーペットを敷いているのであれば、床下からの湿気が原因となり、カビ になってしまうことがあるので、これが1番効果的かもしれません。ですが、 掃除を行い空気の入れ替えを忘れてはなりません。 カビは出てきたらしぶといものなのです。一度でてしまったら、完全になくなったと思っても、更に念を入れて 掃除と対策をするようにしましょう。

カーペットの繊維の基礎的知識