カーペットの洗い方には注意点がある

サイトマップ

トップバナー

カーペットの洗い方

カーペットの洗い方

カーペットの洗い方は、誰もが悩むことの1つだと思います。こまめに掃除機をかけていても、生地が厚手であったり、毛が長いカーペットであれば、ホコリやダニを排除しきれないことがあるのです。排除しきれなければ、空気中のホコリやダニが多くなり、目のかゆみの原因や鼻水といったアレルギーの症状を、起こしてしまう原因になるのです。リビングなどにしいてある大きいものであれば、自分での洗浄は不可能だと思います。

なので、ハウスクリーニングを専門にしている業者に依頼しなければならないのですが、玄関やキッチンにしいてあるカーペットであれば、洗濯機での洗浄が可能だと思います。ここでは、そのようなカーペットの洗浄方法についてご紹介いたします。まずカーペットの洗濯についてです。カーペットの洗い方も衣服と同様にタグに洗い方が表示されているものがほとんどです。洗濯機のマーク、手洗いマークがついているのであれば、自宅での洗浄が可能です。

カーペットの洗浄方法で準備すること

洗濯機マークの中に、弱と書かれているのであれば、弱い水流で洗浄しなければなりません。そういった際には、洗濯機のコースの優しく洗うといったコースを洗濯してください。そして、水洗いが出来ないというドライマークがついているカーペットは、自宅での洗濯が不可能なので、クリーニングにもっていきましょう。カーペットの洗浄方法で準備しなければならないのは、カーペットをベランダの手すりなどにかけ、良く叩き、ホコリを落とす手順を行わなければなりません。

洗濯機のコース

そして、シミになっている部分などに、部分洗い用の洗剤を軽くつけなければなりません。洗濯機に入れる際には、内部の丸みに沿うようにして入れれば生地に負担をかけることなく洗濯が可能です。漂白剤の使用が出来るものであれば、一緒に使用しましょう。カーペットの大きさに合わせて洗濯機のコースを選ぶようにしてください。そして、柔軟材を使用すれば、カーペットの手触りがよりよいものになるでしょう。そして洗濯し終えたカーペットの干し方ですが、洗濯機から出したのちシワを残さないよう手でよく伸ばしてください。乾燥させる際に、通常は物干し竿よりも、物干し竿2本にまたがすようにかけたほうがより早く乾くでしょう。

ポイントイラスト 早く乾けば乾くほど雑菌が増えるのを防げる
たわし

早く乾けば乾くほど雑菌が増える事を防げるので、匂い やカビを防止する事にも繋がるのです。そして、洗濯機には入らないサイズで、そこまで大きくな いカーペットでないのであれば、浴室での洗浄が可能です。使用するのは、洗濯用洗剤とたわ しです。浴室でのカーペットの洗浄方法は、洗濯用洗剤を水で溶かしたのちに、カーペットを十分にぬ らします。そしてたわしで表面をこすり汚れを落とします。すすぎ行為は 念入りに行ってください。洗剤カーペットに残って入れば雑菌が繁殖してしまいます。 すすぎの部分でよく十分に行っていないために、洗ったはずの雑菌がさらに増えてしまって 逆効果になってしまっている人が多いので注意しましょう。

カーペットの繊維の基礎的知識