クリーニングの前にほこり取り

サイトマップ

トップバナー

クリーニング

カーペットのクリーニング方法

カーペットのクリーニング方法ってあまり、知られていないと思います。あなたは家のカーペットをどのようにしてクリーニングしますか?やはり専門業者に依頼する人が多くいるのではないでしょうか。ですが、ここで紹介する方法を知っていれば、あなたでもカーペットを綺麗にする事が可能になるのです。まずは、カーペットの掃除方法ですが、カーペットの掃除は、比較的に、掃除機をかけるだけの掃除が多くあると思いますが、カーペットの中にあるホコリとゴミは半分も残した状態で掃除を終えているのです。

毎日のお掃除が楽しく

家の中で犬や猫などを飼育している家庭は知っていると思いますが、掃除機や両面テープがついている物などを使用したとしても、中々ペットの毛などは取りづらいものだと思います。そのようなことから、カーペットに付着したホコリやゴミの取り除きが難しいことが分かると思います。まず、カーペットを掃除する際のポイントについてご紹介しいます。ゴム手袋を使用し、カーペットをこすると効果的です。そして、飲み物をこぼしてしまった際には、乾いた布ですぐにふき取りましょう。

道具の使用方法を知れば知るほど毎日のお掃除が楽しくなるでしょう。簡単にカーペットの掃除が出来る方法をご紹介します。ここで必要になる道具は、ゴム手袋と、掃除機と、両面テープがついた掃除道具です。最初は、ゴム手袋をはめ、カーペットをこするように汚れをかきだしてください。見る見る内に、ホコリやゴミが出てくるでしょう。そして、掃除機をかけ、両面テープがついた掃除道具で取ってください。

シミ取り

最後に光触媒スプレーを、シュッシュとかけてください。光触媒スプレーをかける理由は、除菌と殺菌と抗菌、そして防臭効果を促すためです。この光触媒スプレーは、ペットを飼育している家庭では、欠かせない工程になるでしょう。ゴム手袋の掃除は、月に2回程度にしなければなりません。あまりやりすぎてしまうとカーペットを痛める原因になってしまうのです。

ポイントイラスト 早めにふき取ること
ガッツポーズ

そして、シミ取りについてですが、これは業者に頼んだ方がより、綺麗になるでしょう。なぜかと言うとやはり家庭での洗浄は、必要な道具や専門の薬剤もないので、そこまで綺麗にならずに跡がついてしまうといった事があげられます。実際に業者であれば、可能な限り綺麗にしてくれるので、手間がかからず楽に綺麗にすることが可能となっているでしょう。カーペットにシミを作らないようにするには、飲み物などをこぼしてしまった際に、早めにふき取ることを忘れないでください。

カーペットの繊維の基礎的知識